HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  ニュース 事件  »  JBCが亀田問題の処分決定 亀田ジム国外追放へ 「負けても防衛」で波紋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JBCが亀田問題の処分決定 亀田ジム国外追放へ 「負けても防衛」で波紋

■亀田ジムへの処分が決定

 亀田大毅がWBA、IBF世界スーパーフライ級戦で「負けても防衛」となって波紋を広げた“亀田問題”について、JBC(日本ボクシングコミッション)は4日、都内で倫理委員会及び資格審査委員会を開き、現在、亀田ジムの関係者に交付している各種ライセンスについて、停止もしくは、取り消しの重たい処分を下すことを決定した。

今回の処分対象となる問題は、昨年12月2日のWBA、IBF世界Sフライ級統一戦で起きた。WBA王者のリボリオ・ソリスが計量に失敗して、試合前にタイトルを剥奪されたが、統一戦は行われることになり、前日のルールミーティング終了後に、WBA、IBF、JBCの3者の代表が揃って行われた記者会見でIBF王者の亀田大毅選手が負けた場合、同王座は空位になると発表された。しかし、試合後にIBFの立会い人であるリンゼイ・タッカー氏が「試合前の時点でタイトルは保持されていた」と、前言を撤回したため、日本のボクシング界を揺るがす騒動となった。

 亀田サイドは、「前日のルールミーティングで、負けても防衛ということが書かれた文書が配布された。我々は口頭での確認もした」と主張した。前日のルールミーティングでIBFルールがプリントされたものが配られたのは事実だったが、ルールミーティングの中で「負けても空位」か「負けても防衛」かの再確認はされていなかった

日本でライセンス停止
外国いくしかないということですね

計量に失敗するだけで、亀田ジムを追放処分の運命にもっていくとか、WBA王者のリボリオ・ソリスは恐ろしいオーラもっているのか!!!
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

アーケードパラダイス

Author:アーケードパラダイス
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア1
twitter
アクセス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。