HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  転売戦争史  »  元少年Aの手記「絶歌」太田出版 出版継続へ amazon ヤフオクで暴騰

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元少年Aの手記「絶歌」太田出版 出版継続へ amazon ヤフオクで暴騰

元少年Aの手記「絶歌」太田出版 出版継続へ amazon ヤフオクで暴騰

神戸市で1997年に起きた連続児童殺傷事件の加害男性による手記「絶歌」(1620円)に関して17日、出版元の太田出版がホームページ上で出版に至った理由などについて説明した。

現在、被害者となった土師淳君(当時11)の父・守さん(59)は、同社に対して回収を求める申し入れを行っている。だが、岡社長は「出版は出版する者自身がその責任において決定すべきものだと考えます。出版の可否を自らの判断以外に委ねるということはむしろ出版者としての責任回避、責任転嫁につながります。私たちは、出版を継続し、本書の内容が多くの方に読まれることにより、少年犯罪発生の背景を理解することに役立つと確信しております」と、回収する意向はないことを示している。

絶歌

中古価格
¥3,799から
(2015/6/18 02:02時点)



初版10万部だけで、印税1500万円???

事件おこしても有名になれば商業効果でるという皮肉

犯罪は大嫌いなブログ主ですが、犯罪者に始末書なり反省文をとりあえず書かせてみたという本なんでしょうね
文章は学歴ないので、名文とは決していえません
amazonレビューも1なんですが、犯罪者の手記がみれるというので売れまくってプレミアム価格

出版続行 回収を現在決める決め手となっているのは、被害者の親の心情ではなく、amazonのプレミアム価格で転売されているということでしょう

真に駄作本で出版停止にしたいならばamazonで中古100円にまで落とすことですね
プレ値放置で停止とかいわれても困る

転売屋が儲けているのに回収とかいうほうが日本にとって有害

太田出版は100円なるまで出し続ける義務がありますね
スポンサーサイト
プロフィール

アーケードパラダイス

Author:アーケードパラダイス
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア1
twitter
アクセス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。